Appleネタは優先的に扱っていきます

トレンドログ

Google自動広告

AMP HTML

AMP HTML


Android

HUAWEI MediaPad M5 Lite スペック性能評価レビュー!ベンチマークは?評判は?発売日は?価格は?ポケモンGoをプレイ!PUBGをプレイ!デレステをプレイ!

投稿日:


HUAWEIからまたMediaPad M5 Liteが発売されます。
今回のモデルもWi-FiモデルとLTEモデルが用意されています。
それとWi-Fiモデルだけメモリとストレージが強化されたバージョンがあります。
こちらには専用ペンとカバーが付属します。

発売日

2018年11月30日

価格

2万9880円(Wi-Fi版 3GB/32GB)
3万7880円(LTE版 3GB/32GB)
3万7880円(Wi-Fi版 4GB/64GB、ペン/カバー同梱)

スペック詳細解説

スペックを一つ一つ詳しく見て行きましょう。

ディスプレー

10.1型IPS液晶

IPS液晶は視野角が広くて良いですね。

画面解像度

1920×1200ドット

フルHDより少し上といったところでしょうか。

サイズ

約243.4×162.2×7.7mm

重量

約480g

CPU

HUAWEI Kirin 659
2.36GHz+1.7GHz(オクタコア)

Antutuベンチマークで約9万です。

メモリー

3 or 4GB

Wi-Fiモデルの上位バージョンは4GBになります。

ストレージ

32 or 64GB

Wi-Fiモデルの上位バージョンは64GBになります。

外部ストレージ

microSDXC(最大256GB

256GBあれば十分ですね。

OS

Android 8.0(EMUI 8.0)

最新版ではないですがアップデートは約束されています。

対応バンド

LTE:1/3/5/7/8/18/19/20/26/40/41
W-CDMA:1/2/5/6/8/19
4バンドGSM

LTE版のみとなります。
下記で詳しく解説します。

無線LAN

IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)

acの5GHz対応は嬉しいですね。

カメラ画素数

リア:約800万画素
イン:約800万画素

タブレットにしては頑張っている方だと思います。

バッテリー容量

7500mAh

SIM(LTE版のみ)

nanoSIM

USB端子

microUSB

ここはType-Cにして欲しかったですね。

カラーバリエーション

スペースグレー

市場予想価格(税抜)

2万9880円(Wi-Fi版 3GB/32GB)
3万7880円(LTE版 3GB/32GB)
3万7880円(Wi-Fi版 4GB/64GB、ペン/カバー同梱)

Sponsored Link

スペックまとめ一覧表

ファーウェイ「HUAWEI MediaPad M5 Lite」の主なスペック
ディスプレー 10.1型IPS液晶
画面解像度 1920×1200ドット
サイズ 約243.4×162.2×7.7mm
重量 約480g
CPU HUAWEI Kirin 659
2.36GHz+1.7GHz(オクタコア)
メモリー 3 or 4GB
ストレージ 32 or 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
OS Android 8.0(EMUI 8.0)
対応バンド
(LTE版のみ)
LTE:1/3/5/7/8/18/19/20/26/40/41
W-CDMA:1/2/5/6/8/19
4バンドGSM
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:約800万画素/イン:約800万画素
バッテリー容量 7500mAh
SIM(LTE版のみ) nanoSIM
USB端子 microUSB
カラバリ スペースグレー
市場予想価格(税抜) 2万9880円(Wi-Fi版 3GB/32GB)
3万7880円(LTE版 3GB/32GB)
3万7880円(Wi-Fi版 4GB/64GB、ペン/カバー同梱)

ゲームは快適にプレイできる?

パズドラは快適にプレイできます。
モンストは快適にプレイできます。

PUBGはグラフィック設定をいじれば快適にプレイできます。
荒野行動は快適にプレイできます。

ツムツムは快適にプレイできます。
ポケモンGoは快適にプレイできます。

デレステは厳しいでしょう。
リズムゲームは厳しいでしょう。

まとめとしてリズムゲーム以外であれば快適にプレイできます。

ドコモ系のSIMで使える?

4Gは1と3と19に対応しているので快適に使用できます。
3Gは1と6に対応しているので快適に使用できます。

まとめとしてドコモ系のSIMであれば快適に使用できます。

au系のSIMで使える?

4Gは1と18に対応しています。
3Gは未対応です。

まとめとしてau系のSIMで使用するのはオススメできません

ソフトバンク系のSIMで快適に使用できる?

4Gは1と3と8に対応しているので快適に使用できます。
3Gは1と8に対応しているので快適に使用できます。

まとめとしてソフトバンク系のSIMであれば快適に使用できます。

総評

先発組のM5とProの値段が下がってきているのでそこまでお得感はないように思えますがいかがでしょうか。
できれば同時発売くらいの方がインパクトあったかもしれません。
それでもWi-Fi上位版はスペック的にも値段的にもオススメできる端末です。
ペンもカバーも同封されていますし。
お得感は一番あるかもしれません。

PC用

Sponsored Link

PC用

Sponsored Link

-Android

Copyright© トレンドログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.