Appleネタは優先的に扱っていきます

トレンドログ

Google自動広告

Android

Lenovo Tab P10 スペック性能評価レビューまとめ!ベンチマークは?ポケモンGoをプレイ!発売日は?価格は?評判は?PUBGは?ツムツムは?

投稿日:


LenovoからLenovo Tab P10が発表され本日から販売されます。
特徴はディスプレイが10.1インチでLTEモデルが用意されているところでしょうか。
もちろん価格を抑えたWi-Fiモデルもあります。
スペックを抑えた分価格も抑えられています。
購入しやすい価格帯なのではないでしょうか。

発売日

2018年9月26日

価格

Wi-Fiモデル
3万4800円(税別)

LTEモデル
3万7800円(税別)

スペック解説

スペックを一つ一つ詳しく見て行きましょう。
共通の部分はまとめて書いてあります。

OS

Android 8.1

CPU

名称
Qualcomm Snapdragon 450 オクタコア プロセッサー

動作周波数
1.80GHz

コア数
8

Antutuベンチマークは7万点くらいです。
通常使用には問題ないと思います。

メモリ

3GB LPDDR3

少なくはないですが多くもないって感じでしょうか。
値段の割には多いと思います。
この値段ならだいたい2GBが普通ではないでしょうか。

ストレージ

32GB

これは値段並ですね。
多くはないですがmicroSDカードが使えるのでそれでカバーするのが良さそうですね。

ディスプレイ

10.1型ワイドIPSパネル

IPSパネル使用なので視野角は広いです。

解像度

1920×1200ドット

フルHDよりちょっと上ですね。

タッチパネル

マルチタッチ対応(10点)

10点あれば十分でしょう。
たまに少ないやつもありますからね。

USBポート

USB 2.0 Type-Cポート(OTG機能付き)

Type-Cポートは嬉しいですね。
おまけにOTGにも対応しているので外部機器を接続したりして遊べそうです。

オーディオ

マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック

イヤホンジャックが付いているのは嬉しいですね。

Wi-Fi

802.11a/b/g/n/ac (5GHz/2.4GHz)

5GHzのacに対応しているのは嬉しいですね。

Bluetooth

Bluetooth v4.2

十分でしょう。

NFC

未対応

対応して欲しかったですね。

対応バンド(LTEモデルのみ)

FDD LTE Band 1/3/8/19
W-CDMA Band 1/8

下記で詳しく解説します。

microSDスロット

microSDメディアカードリーダー(最大256GBまで対応可能)

256GBあれば十分でしょう。

SIMカードスロット(LTEモデルのみ)

nanoSIMカード対応

普通はnanoSIMですよね。

インカメラ

500万画素
フラッシュなし

タブレットなのでこんなものでしょうか。

アウトカメラ

800万画素
LEDフラッシュライト

アウトカメラにはLEDフラッシュライトが付いてます。

ボタン類

パワーボタン、ボリュームボタン

センサー類

Wi-Fiモデル
指紋センサー、加速度センサー、光センサー、GPS、GLONASS

LTEモデル
指紋センサー、加速度センサー、光センサー、GPS、A-GPS、GLONASS

この価格帯で指紋センサーが付いているのは嬉しいですね。

本体カラー

オーロラブラック

1色展開です。

本体寸法 (W×D×H)mm

約 242x167x7mm

本体質量

約 440g

バッテリー容量

7000mAh
リチウムイオンポリマーバッテリー

タブレットということを考えても多い方だと思います。

使用時間

約 10時間

1日は十分もちそうですね。

充電時間

約 4時間 (ACアダプター使用時)

付属品

マニュアル類、ACアダプター、USB Type-Cケーブル、Micro SD/SIMカード取り出しツール

保証期間

1年間

Sponsored Link

スペック性能まとめ表

製品シリーズ Lenovo Tab P10
製品番号 ZA440074JP ZA450034JP
保守用製品番号 ZA440074JP ZA450034JP
ダイレクト価格(税別) ¥34,800 ¥37,800
     
初期導入済OS Android™ 8.1 
プロセッサー 名称 Qualcomm® Snapdragon™ 450 オクタコア プロセッサー
動作周波数 1.80GHz
コア数 8
メインメモリー 容量(標準) 3GB
仕様 LPDDR3
フラッシュメモリー 32GB
表示機能 ディスプレイサイズ(ドット) 10.1型ワイドIPSパネル (1920×1200ドット)
タッチパネル マルチタッチ対応(10点)
外部接続時(ドット)
ワイヤレスディスプレイ  Miracast対応
インターフェース(ポート) USBポート USB 2.0 Type-Cポート(OTG機能付き)
ディスプレイ関連ポート なし
オーディオ関連ポート マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
その他 スマートコネクタ(専用アクセサリ接続用)
通信機能 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac (5GHz/2.4GHz)
Bluetooth Bluetooth v4.2 
NFC なし 
WWAN  なし LTE(Cat.6):受信時最大300Mbps/送信時最大50Mbps 
W-CDMA(DC-HSDPA+):受信時最大42Mbps/送信時最大5.7Mbps
通信方式 LTE FDD LTE Band 1/3/8/19
W-CDMA W-CDMA Band 1/8
オーディオ オーディオ機能 ドルビーアトモス
スピーカー スピーカー×4
スロット microSDスロット microSDメディアカードリーダー(最大256GBまで対応可能)
SIMカードスロット なし あり(Nano SIMカード対応)
内蔵カメラ 
(インカメラ/アウトカメラ)
画素数 500万画素/800万画素
フラッシュ なし / LEDフラッシュライト
フォーカス方式 FF / AF
ボタン類 パワーボタン、ボリュームボタン
センサー類 指紋センサー、加速度センサー、光センサー、GPS、GLONASS 指紋センサー、加速度センサー、光センサー、GPS、A-GPS、GLONASS
本体カラー オーロラブラック
寸法・質量 本体寸法 (W×D×H)mm 約 242x167x7mm
本体質量 約 440g
梱包箱寸法(W×D×H)cm 約 30.2x18x3cm
梱包箱重量 約 856g
電源 バッテリー  種類 リチウムイオンポリマーバッテリー
容量 7000mAh
使用時間 約 10時間
充電時間 約 4時間 (ACアダプター使用時)
ACアダプター 定格電圧 AC 100-240V(50/60Hz)
主な付属品 マニュアル類、ACアダプター、USB Type-Cケーブル、Micro SD/SIMカード取り出しツール
保証 保証期間 1年間
国内での修理 送付修理 メーカーへの送付・梱包料はお客様負担
発表日 2018年9月26日

ゲームは快適にプレイできる?

パズドラは快適にプレイできます。
モンストは快適にプレイできます。

ポケモンGoも快適にプレイできます。

PUBGはグラフィック設定を最低にしても厳しいです。
荒野行動もちょっと厳しいです。

ツムツムは快適にプレイできます。

リズムゲームはちょっと厳しいです。

結論としては軽いゲームなら十分プレイ可能です。

ドコモ系のSIMで使える?

4Gは1と3と19に対応しているので快適に使用できます。
3Gは1のみに対応しています。

結論としては十分快適に使用できます。

au系のSIMで使える?

4Gは1のみ対応です。
3Gは未対応です。

結論としてはau系のSIMでの使用はオススメできません

ソフトバンク系のSIMで使える?

4Gは1と3と8に対応しているので快適に使用できます。
3Gは1と8に対応しているので快適に使用できます。

結論としてはソフトバンク系のSIMは快適に使用できます。

総評

ドコモ系のSIMとソフトバンク系のSIMなら快適に使用できます。
購入するなら値段も3000円ほどしか変わらないのでLTEモデルをオススメします。
スペック的にはWi-FiモデルもLTEモデルもほとんど差をつけてないですね。
メモリ3GBにストレージが32GBなので十分通常使用には問題ないと思います。
それがこの価格帯で手に入ります。
LTEモデルの格安タブレットの中では1番お求めやすい価格なのではないでしょうか。
買って損をする端末ではないと思います。
十分人にオススメできる端末に仕上がっていると思います。

PC用

Sponsored Link

PC用

Sponsored Link

-Android

Copyright© トレンドログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.