Appleネタは優先的に扱っていきます

トレンドログ

Google自動広告

Android

HUAWEI MediaPad T5 スペック性能評価レビュー!評判は?価格は?発売日は?ベンチマークは?ポケモンGoをプレイ!格安タブレット!LTE搭載!

更新日:


HUAWEIからMediaPad T5が発売される。
今回はLTEモデルとWi-Fiモデルが用意され4G通信もできる
性能はライトユーザー向けですが、LTE搭載モデルが用意されているのは嬉しいですね。
もう少し性能の高いモデルが欲しい人はMediaPad M5を購入して欲しいって事でしょうか。
HUAWEIは、タブレットも積極的に発売してくれるので良いですね。
Androidタブレット市場といえばHUAWEIとASUSが有名というかシェアが多いですがASUSが撤退するという噂があるのでHUAWEIには頑張って欲しいです。

発売日

2018年9月21日

価格

LTEモデルが2万6800円(税別)
Wi-Fiモデルが2万2800円(税別)

LTEモデルがこの値段で購入できるのはかなり嬉しいですね。

スペック性能解説付

スペックを解説付きで紹介します。

機種名

HUAWEI MediaPad T5

ディスプレー

10.1型IPS液晶

IPS液晶は視野角が広くて良いですね。

画面解像度

1920×1200ドット

フルHDより解像度はありますね。

サイズ

約243×164×7.8mm

重量

約465g

CPU

HUAWEI Kirin 659
2.36GHz+1.7GHz(オクタコア)

Antutuベンチマークで9万くらいでますので十分実用的だと思います。

メモリー

2GB

ライトユーザー向けなのでこんなものでしょう。

ストレージ

16GB

少ないですね。
外部ストレージが使えるのでそれを工夫して使う必要がありそうです。

外部ストレージ

microSDXC(最大256GB)

256GBあれば十分でしょう。

OS

Android 8.0(EMUI 8.0)

HUAWEIなので9にバージョンアップしてくれると思います。

対応バンド(LTE版のみ)

LTE:1/3/5/7/8/19/20/40/41
W-CDMA:1/2/5/6/8/19
4バンドGSM

下記で詳しく解説します。

無線LAN

IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)

5GHzのac対応は嬉しいですね。

カメラ画素数

リア:500万画素/イン:200万画素

バッテリー容量

5100mAh

SIM(LTE版のみ)

nanoSIM

USB端子

microUSB

ここはUSB-type-Cにして欲しかったですね。

カラーバリエーション

ブラック

Sponsored Link

スペックまとめ一覧表

ファーウェイ「HUAWEI MediaPad T5」の主なスペック
ディスプレー 10.1型IPS液晶
画面解像度 1920×1200ドット
サイズ 約243×164×7.8mm
重量 約465g
CPU HUAWEI Kirin 659
2.36GHz+1.7GHz(オクタコア)
メモリー 2GB
ストレージ 16GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
OS Android 8.0(EMUI 8.0)
対応バンド
(LTE版のみ)
LTE:1/3/5/7/8/19/20/40/41
W-CDMA:1/2/5/6/8/19
4バンドGSM
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:500万画素/イン:200万画素
バッテリー容量 5100mAh
SIM(LTE版のみ) nanoSIM
USB端子 microUSB
カラバリ ブラック
市場予想価格(税抜) 2万2800円(Wi-Fi版)、2万6800円(LTE版)

ゲームは快適にプレイできる?

パズドラは快適にプレイできます。
モンストも快適にプレイできます。

ポケモンGoも快適にプレイできます。

PUBGはグラフィック設定を最低にしても厳しいと思います。
荒野行動も厳しいです。

リズムゲームも厳しいです。

ドコモ系のSIMで使える?

4Gは1と3と19に対応しているので快適に使えます。
3Gは1と6に対応しているので快適に使えます。

ドコモ系のSIMは快適に使えます。

au系のSIMで使える?

4Gは1のみの対応のようです。
3Gは未対応です。

au系のSIMで使うのは厳しいかもしれないです。

ソフトバンク系のSIMで使える?

4Gは1と3と8に対応しているので快適に使えます。
3Gは1と8に対応しているので快適に使えます。

ソフトバンク系のSIMは快適に使えます。

総評

格安タブレットはWi-Fiのみ対応でLTE対応が少ないなかでHUAWEIが新型を発売してくれた事は評価できると思います。
発売されればさらに価格も下がるだろうし、格安のLTEタブレットが欲しい人はこれしかないでしょう。
普通はWi-FiモデルよりLTEモデルの方が1万円以上高いのが普通ですがこれは差額が4000円しかないです。
それを考えると十分お得な端末と言えるのではないでしょうか。
画面サイズも10.1インチありますし、電子書籍ビューアとしても最適かもしれないですね。

PC用

Sponsored Link

PC用

Sponsored Link

-Android

Copyright© トレンドログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.