Appleネタは優先的に扱っていきます

トレンドログ

Google自動広告

AMP HTML

AMP HTML


Android

OPPO R15 ProとR15 Neoを発売!スペック性能比較詳細まとめレビュー!おサイフケータイ対応!防水対応!ベンチマークは?ゲームも快適にプレイ!

更新日:


OPPOから新スマホR15 ProとR15 Neoが発表されました。
R15 ProがフラグシップでSIMフリースマホとしては珍しくおサイフケータイに対応防水にも対応しています。
R15 Neoはミドルレンジでなるべくスマホにコストをかけたくない人向けの端末になっています。

発売日

R15 Pro
2018年9月下旬

R15 Neo
4GBモデル
2018年8月31日
3GBモデル
2018年9月7日

価格

R15 Pro
69880円(税抜)

R15 Neo
4GBモデル
29880(税抜)
3GBモデル
25880円(税抜)

スペック詳細解説付き

スペックを一つ一つ解説付きで見て行きましょう。

メーカー

OPPO

OPPOは世界4位でアジア1位のスマホメーカーです。

ディスプレー

R15 Pro
6.28型有機EL(19:9)

R15 Neo
6.2型液晶(19:9)

R15 Proのみ有機ELを搭載しています。
Neoはコストダウンの為液晶を搭載しています。

画面解像度

R15 Pro
1080×2280

R15 Neo
720×1520

解像度にも差がありますね。
ProはフルHD以上の解像度があります。
NeoはHDクラスでしょうか。

サイズ

R15 Pro
75.2×156.5×8mm

R15 Neo
75.6×156.2×8.2mm

サイズはあまり変わりませんね。

重量

R15 Pro
約180g

R15 Neo
約168g

Pro版の方が少し重いです。
気にならないレベルだと思います。

CPU

R15 Pro
Snapdragon 660

R15 Neo
Snapdragon 450

Snapdragon搭載は嬉しいですね。
他のCPUに比べゲームの互換性が高いです。
Pro版ならSnapdragon845くらい積んで欲しかったのが本音ですね。

Antutuベンチマークは
Snapdragon 660が13.5万点くらいです。
Snapdragon 450が7.1万点くらいです。

内臓メモリー

R15 Pro
6GB

R15 Neo
3GB or 4GB

6GBは嬉しいですね。
Neoの方も買うなら4GBモデルの方でしょうか。
3GBでも足りたいってことはないと思います。

内臓ストレージ

R15 Pro
128GB

R15 Neo
64GB

最近のフラグシップの流行りでしょうか128GBですね。
十分な容量だと思います。
DSDSを使ったとしてもmicroSDカードは別スロットが用意されているのでガッツリ128GB使えるのが嬉しいですね。
Neoの64GBも節約すれば十分使っていける容量です。
キャリアのスマホは64GBくらいしかないですからね。

外部ストレージ

R15 Pro
R15 Neo
共通でmicroSDXC(最大256GB)

この端末の良いところはSIMカードスロット2個とmicroSDカードスロットが別々に用意されているところですね。

OS

R15 Pro
R15 Neo
共通でColorOS 5.1(Android 8.1)

ColorOSという独自OSなのが気になりますがプレイストアも使えますしそんなに気にしなくても大丈夫です。

対応バンド

R15 Pro
R15 Neo
LTE:1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28
/38/39/40/41
W-CDMA:1/2/4/5/6/8/19

ここはあとで詳しく解説しますが、ドコモもauもソフトバンクも対応しています。

DSDS

R15 Pro
R15 Neo
DSDVに対応

DSDVに対応しているので4Gの同時待ち受けができます。

VoLTE

R15 Pro
R15 Neo
対応しています。

無線LAN

R15 Pro
R15 Neo
IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)

5GHzのacに対応しているのは嬉しいですね。
Neoの方も対応しています。

カメラ画素数

R15 Pro
リア:16メガ+20メガ
イン:20メガ

R15 Neo
リア:13メガ+2メガ
イン:8メガ

AIが120のシーンを認識する機能を新たに導入し、被写体に合わせて最適な画質で撮影してくれる。
背景を自然にぼかせる「AIポートレート」も採用する。
インカメラでは定評のある美肌補正機能がさらに強化されている。
HDR撮影にも対応し、逆光などの環境でのセルフィー時でも人物と背景がいずれも鮮明に撮影できるようになった。
などなどカメラ機能にはかなり力を入れています。

バッテリー容量

R15 Pro
3430mAh

R15 Neo
4230mAh

ここはNeoの方が容量が多くなっています。

FeliCa

R15 Pro
対応

R15 Neo
非対応

このスマホの目玉機能ですよね。
Pro版のみおサイフケータイ対応です。

防水

R15 Pro
IPX7対応

R15 Neo
非対応

IPX7とは「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」と完全防水ではないですが通常使用では全然問題なく使用できます。

カラーバリエーション

R15 Pro
レッド、パープル

R15 Neo
ダイヤモンドブルー、ダイヤモンドピンク

Sponsored Link

スペック一覧まとめ表

  R15 Pro R15 Neo
メーカー OPPO
ディスプレー 6.28型有機EL(19:9) 6.2型液晶(19:9)
画面解像度 1080×2280 720×1520
サイズ 75.2×156.5×8mm 75.6×156.2×8.2mm
重量 約180g 約168g
CPU Snapdragon 660 Snapdragon 450
内蔵メモリー 6GB 3 or 4GB
内蔵ストレージ 128GB 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
OS ColorOS 5.1(Android 8.1)
対応バンド LTE:1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28
/38/39/40/41
W-CDMA:1/2/4/5/6/8/19
DSDS ○(DSDV)
VoLTE
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:16メガ+20メガ
/イン:20メガ
リア:13メガ+2メガ
/イン:8メガ
バッテリー容量 3430mAh 4230mAh
FeliCa ×
防水 ○(IPX7) ×
カラバリ レッド、パープル ダイヤモンドブルー、ダイヤモンドピンク

ゲームは快適にプレイできる?

モンストは快適にプレイできます。
パズドラも快適にプレイできます。

PUBGはグラフィック設定を最低にすればプレイできます。
荒野行動はプレイできます。

ポケモンGoもプレイできます。
ツムツムもプレイできます。

リズムゲームはちょっと厳しいです。

ドコモのSIMには対応してる?

LTEの1と3と19に対応しているので使えます。
3Gは1と6に対応しているので使えます。

auのSIMには対応してる?

LTEは1と18に対応しているので使えます。
3Gは未対応です。

ソフトバンクのSIMには対応してる?

LTEは1と3と8に対応しているので使えます。
3Gは1と8に対応しているので使えます。

総評

ゲームも割と快適にプレイできますし、コストパフォーマンスは高いと思います。
SIMフリー端末としては珍しいおサイフケータイ対応なのも嬉しいポイントですね。
防水なのでお風呂で使う事も出来ます。
SIMカードスロットと別にmicroSDカードスロットが用意されているのも嬉しいですね。
残念なのはCPUですね。
これがsnapdragon845だったら間違いなく買いの端末になると思うのですがそこまでの機能を必要としない方だったら良いでしょう。
おサイフケータイ対応にするとコストが上がってしまうのでCPUをグレードダウンして値段を抑えたのでしょう。
良い端末であれば多少高くても購入すると思うのですがどうでしょうか。
最後に悪い端末みたいなまとめになってしまいましたが、SIMフリーでおサイフケータイ対応は少ないです。
それだけでも買いの端末なのではないでしょうか。

PC用

Sponsored Link

PC用

Sponsored Link

-Android

Copyright© トレンドログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.