Appleネタは優先的に扱っていきます

トレンドログ

Google自動広告

Android

HUAWEI P20 ProとP20とP20 liteのスペック(性能)比較レビュー!カメラ性能は?おサイフケータイ対応!ポケモンGoなどゲームは快適?

更新日:


HUAWEIからついにP20シリーズが発売されましたね。
P20 Proは特にカメラ機能に注目が集まっています。
ライカのトリプルレンズは初ですよね。
その辺を中心に詳しくコメントしていきたいと思います。
おサイフケータイにも対応しています。

P20の特徴はやはりデュアルカメラを搭載してCPUもPro版と同じKirin970搭載ってところでしょうか。
価格も抑えられています。

P20 liteはコストパフォーマンスが高いです。
この値段でこの性能。
スマホにはなるべくお金をかけたくないって人向きだと思います。
でもしっかりゲームも動きます。

それぞれの特徴を見て行きましょう。

コメント付きでスペックを詳細に解説します

発売日

3機種共通で
2018年6月15日発売
発表から発売までが意外と早かったですね。

価格

P20 Pro
キャリアの価格になりますが、新規と機種変更で5万7024円よりとなっております。
MNPだと2万2680円です。

キャリアの値引き込みの値段なので元々の値段は10万くらいです。
そのくらいの価値はあります。

P20
6万9800円(税別)
ASUSのZenfone5Zに合わせてきた感じでしょうか。
トリプルレンズをデュアルカメラにしておサイフケータイ非対応にして価格を下げたようです。
Proと比べるとメモリも4GBにスペックダウンしてますね。

P20 lite
3万1980円(税別)
この性能でこの価格ならコストパフォーマンスは1番高いです。
普及端末になりそうですね。
安いスマホならこれって感じで。

カラーバリエーション

P20 Pro
ミッドナイトブルー、ブラック

P20
ミッドナイトブルー、ブラック、ピンクゴールド

P20 lite
クラインブルー、サクラピンク、ミッドナイトブラック

それぞれカラーを変えてますね。
色で判断できるようにでしょうか。

OS

P20 Pro
Android 8.1

P20
Android 8.1 / Emotion UI 8.1

P20 lite
Android 8.0

liteのみ初期バージョン8.0ですがアップデート予定はありますので安心して購入できますね。

CPU

P20 Pro
HUAWEI Kirin970 オクタコア 2. 4 GHz(クアッドコア)+ 1.8 GHz(クアッドコア) NPU(Neural-network Processing Unit)

P20
HUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU (4 x 2.36 GHz A73 + 4 x 1.8 GHz A53) + i7 コプロセッサ

P20 lite
HUAWEI Kirin 659 オクタコア (2.36 GHz / 4 + 1.7 GHz / 4)

liteのみワンランクダウンしてますが、この価格ですから仕方ないでしょう。

RAM

P20 Pro
6GB

6GBあれば正直困る事はないです。
複数アプリを切り替えながら使っても問題ないです。

P20
4GB

標準的な容量に抑えられてます。
しかし4GBあれば十分です。

P20 lite
auモデル:4GB
UQ、ワイモバイル、SIMフリーモデル:4GB

Pro版だけ6GBですね。
liteでも4GB積んでいるので通常使用は問題ないです。
むしろliteが4GBって十分過ぎます。
キャリアのスマホは大体最高4GBですからそれと同じって事になります。

ROM

P20 Pro
128GB

128GBのストレージって今のトレンドですよね。

P20
128GB

こちらも同じ128GBです。

P20 lite
auモデル:64GB
UQ、ワイモバイル、SIMフリーモデル:32GB

ここでauモデルとUQ、ワイモバイル、SIMフリーモデルに違いが出ます。
auは64GBですが他は32GBと差が付いてます。
安く売るためコストダウンでしょうか。

SDカードスロット

P20 Pro
非対応ですがUSB Type-C microSDカードリーダーライターが付属します。

P20
非対応

P20 lite
最大256GBまで対応。

lite版のみメモリーカードスロットが付いています。
普通は上位機種の方がスペック良かったりするのですがここは逆ですね。
lite版は本体のストレージが少ないのでこれでカバーするって事でしょうか。

おサイフケータイ

P20 Pro
対応

今回の目玉機能なのでProのみ対応です。

P20
非対応

P20 lite
非対応

バッテリー容量

P20 Pro
3900 mAh (内蔵電池)

電池パックは自分で交換できませんが最近はそういう機種多いので問題にはならないかと。
容量としても3900mAhあれば十分ですね。

P20
3400 mAh (一体型) / 急速充電対応/ 5 A / 4.5 V or 4.5 A / 5 V

こちらも電池バックは一体型です。

P20 lite
3000 mAh

lite版はなぜが少し少ない容量になってます。
1日は持ちますが、もう少し多くてもいいと思いますね。

コネクティビティ

P20 Pro
Wi-Fi(対応通信規格):IEEE802.11a/b/g/n/ac
テザリング同時接続数:Wi-Fi 8台
Bluetooth(対応バージョン):4.2

acにも対応しフラグシップらしさを出してます。

P20
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 準拠 (2.4 / 5.0 GHz)、
Bluetooth® 4.2 with BLE (aptX / aptX HD / LDAC / HWA対応)
USB 3.1 Gen Type-C
nanoSIM x 2
NFC

SIMは2枚させますがDSDSには非対応になります。
NFC搭載は嬉しいですね。

P20 lite
Wi-Fi :802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth® ver.4.2 with BLE (Support aptX)

lite版なのにacにも対応しているのは嬉しいですね。

ディスプレイ

P20 Pro
約6.1 インチ / OLED / 1080 x 2240 ドット フルHD+

Pro版のみ有機ELを採用しています。

P20
約5.8インチ 18.7:9 FHD+ (2244 x 1080ドット) / TFT

これは液晶ですね。

P20 lite
約5.84インチ FHD+

こちらも液晶でコストダウンでしょうか。

カメラ

P20 Pro
アウトカメラ:有効画素数 約4000万 + 約2000万 + 約800 万画素 CMOS 裏面照射型
インカメラ:有効画素数 約2400万画素 CMOS 裏面照射型

P20 Proといえばライカのトリプルレンズですよね。
夜景も綺麗に手振れしないで撮れます。
AIがちょっと疑問ですが、通常使用は問題ないでしょう。

P20
メインカメラ(ダブルレンズ):1200万画素RGB(カラー)センサー(開口部 F1.8)+ 2000万画素モノクロセンサー(開口部 F1.6) 像面位相差+コントラスト+レーザー+デプスAF インカメラ:約2400万画素(開口部F2.0/FF)

こちらもライカのダブルレンズを採用しています。

P20 lite
インカメラ: 約1600万画素
メインカメラ (ダブルレンズ): 約1600万画素 + 約200万画素

liteもダブルレンズを搭載してカメラに力を入れているのがわかります。

通信速度

P20 Pro
988 Mbps / 75 Mbps

現在の最高のパフォーマンスです。

防水・防塵

P20 Pro
IP67等級の防水・防じん仕様

具体的には
粉塵が内部に侵入しない
水深1mの水槽に、電気機器を30分間没し、浸水がないことを確認する。

P20
IP53等級の防水・防じん仕様

これは
粉塵が内部に侵入せず、若干侵入しても正常運転を阻害しない。
噴霧水に対する保護を規定している。オシレーティングチューブまたは散水ノズルを用いた散水装置で、各散水口あたり0.07L/minの水量をもって、鉛直方向から両側60°までの角度で10分間散水を行い、浸水がないことを確認する。

P20 lite
非対応

lite版のみ水に弱いです。

生体認証

P20 Pro
指紋認証、顔認証

P20
指紋認証

P20 lite
指紋認証

Proのみ顔認証に対応してます。
lite版でも指紋認証に対応しているは嬉しいですね。

センサー

P20 Pro
加速度 / 環境光 / 近接 / 指紋認証 / HALL / ジャイロ / コンパス / 色温度 / レーザーレンジングセンサー

P20
加速度 / 環境光 / 近接 / 指紋認証 / HALL / ジャイロ / コンパス / 色温度 / レーザーレンジングセンサー

P20 lite
加速度,コンパス, ジャイロ, 環境光, 近接, 指紋認証

liteでもコンパスに対応しているので地図アプリとかも問題ないです。

本体付属品

P20 Pro
クリアケース
USB Type-C ハイレゾ対応高音質イヤホン
USB Type-C・3.5 mm イヤホン変換アダプタ
USB Type-C microSDカードリーダーライター (対応最大容量 microSD: 2 GB, microSDHC: 32 GB, microSDXC: 128 GB)
SIM取り出しツール

P20
USB-C ハイレゾイヤホン
USB-C to 3.5 mm ヘッドフォンジャックアダプタ
保護ケース
ACアダプタ
USB Type-C 2.0ケーブル
クイックスタートガイド

P20 lite
auモデル:
クイックスタートガイド、HUAWEI Quick Charger、クリアケース(試供品)、イヤホンマイク(試供品)、SIM取り出しピン(試供品)

UQモデル:
クイックスタートガイド、ACアダプタ、クリアケース、イヤホンマイク、USBケーブル 

ワイモバイルモデル:
クイックスタートガイド(保証書付)、ACアダプタ(試供品)、USBケーブル(試供品)、クリアケース(試供品)、イヤホンマイク(試供品)、SIM取り出しツール(試供品) 

SIMフリーモデル:
クイックスタートガイド、HUAWEI Quick Charger、クリアケース、イヤホンマイク、SIM取り出しピン

スペックまとめ一覧表

  HUAWEI P20 Pro HUAWEI P20 HUAWEI P20 lite
サイズ 幅:約 74 mm
縦:約155 mm
厚さ:約7.9 mm
重さ:約180g
幅:約70.8 mm
縦:約149.1 mm
厚さ:約7.65 mm
重さ:約165g
幅:約71 mm
縦:約149 mm
厚さ:約7.4 mm
重さ:約145g
カラー ミッドナイトブルー、ブラック ミッドナイトブルー、ブラック、ピンクゴールド

クラインブルー、サクラピンク、ミッドナイトブラック

対応OS Android 8.1 Android 8.1 / Emotion UI 8.1 Android 8.0
CPU HUAWEI Kirin970 オクタコア 2. 4 GHz(クアッドコア)+ 1.8 GHz(クアッドコア) NPU(Neural-network Processing Unit) HUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU (4 x 2.36 GHz A73 + 4 x 1.8 GHz A53) + i7 コプロセッサ HUAWEI Kirin 659 オクタコア (2.36 GHz / 4 + 1.7 GHz / 4)
RAM 6GB 4GB auモデル:4GB
UQ、ワイモバイル、SIMフリーモデル:4GB
ROM 128GB 128GB

auモデル:64GB
UQ、ワイモバイル、SIMフリーモデル:32GB

SDカードスロット なし なし 最大256 GB
バッテリー 3900 mAh (内蔵電池) 3400 mAh (一体型) / 急速充電対応/ 5 A / 4.5 V or 4.5 A / 5 V 3000 mAh
コネクティビティ Wi-Fi(対応通信規格):IEEE802.11a/b/g/n/ac
テザリング同時接続数:Wi-Fi 8台
Bluetooth(対応バージョン):4.2

Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 準拠 (2.4 / 5.0 GHz)、
Bluetooth® 4.2 with BLE (aptX / aptX HD / LDAC / HWA対応)
USB 3.1 Gen Type-C
nanoSIM x 2
NFC

Wi-Fi :802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth® ver.4.2 with BLE (Support aptX)
ディスプレイ 約6.1 インチ / OLED / 1080 x 2240 ドット フルHD+ 約5.8インチ 18.7:9 FHD+ (2244 x 1080ドット) / TFT 約5.84インチ FHD+
カメラ アウトカメラ:有効画素数 約4000万 + 約2000万 + 約800 万画素 CMOS 裏面照射型
インカメラ:有効画素数 約2400万画素 CMOS 裏面照射型
メインカメラ(ダブルレンズ):1200万画素RGB(カラー)センサー(開口部 F1.8)+ 2000万画素モノクロセンサー(開口部 F1.6)
像面位相差+コントラスト+レーザー+デプスAF
インカメラ:約2400万画素(開口部F2.0/FF)
インカメラ: 約1600万画素
メインカメラ (ダブルレンズ): 約1600万画素 + 約200万画素
通信速度 988 Mbps / 75 Mbps    
防水・防塵 IP67等級の防水・防じん仕様 IP53等級の防水・防じん仕様 非対応
生体認証 指紋認証、顔認証 指紋認証 指紋認証
おサイフケータイ 対応 非対応 非対応
センサー   加速度 / 環境光 / 近接 / 指紋認証 / HALL / ジャイロ / コンパス / 色温度 / レーザーレンジングセンサー 加速度,コンパス, ジャイロ, 環境光, 近接, 指紋認証
本体付属品 クリアケース
USB Type-C ハイレゾ対応高音質イヤホン
USB Type-C・3.5 mm イヤホン変換アダプタ
USB Type-C microSDカードリーダーライター (対応最大容量
microSD: 2 GB, microSDHC: 32 GB, microSDXC: 128 GB)
SIM取り出しツール

USB-C ハイレゾイヤホン
USB-C to 3.5 mm ヘッドフォンジャックアダプタ
保護ケース
ACアダプタ
USB Type-C 2.0ケーブル
クイックスタートガイド

auモデル:
クイックスタートガイド、HUAWEI Quick Charger、クリアケース(試供品)、イヤホンマイク(試供品)、SIM取り出しピン(試供品)

UQモデル:
クイックスタートガイド、ACアダプタ、クリアケース、イヤホンマイク、USBケーブル 

ワイモバイルモデル:
クイックスタートガイド(保証書付)、ACアダプタ(試供品)、USBケーブル(試供品)、クリアケース(試供品)、イヤホンマイク(試供品)、SIM取り出しツール(試供品) 

SIMフリーモデル:
クイックスタートガイド、HUAWEI Quick Charger、クリアケース、イヤホンマイク、SIM取り出しピン

発売日 2018年6月15日 2018年6月15日 2018年6月15日
価格(税抜き) キャリア契約で5万7024円(税別) 6万9800円(税別)

3万1980円(税別)

Sponsored Link

注目のカメラ性能は?

まず夜景モード。
今までのスマホでは手持ちで撮るとほぼ必ず手振れしていましたが、これがなくなりました。
もうコンパクトデジカメはいらないんじゃないかってレベルです。
あと三脚を持ち歩く必要もないですね。

AIですが割とどぎつい色を出してくる時があるので適材適所でONとOFFを切り替えた方が良さそうです。
子供を撮影すると美肌効果なのでしょうか、化粧したように撮れる時があります。
食べ物などは割と綺麗に判断して撮影できます。

4000万画素ですが、4000万画素にしている時はズームできません。
内部的には4000万画素の画像をトリミングしているだけなので当たり前なのですが。
この辺はどうにかして欲しかったですね。

文書などを撮影すると文書モードになるのですが、正確に判断してくれない時があり文書が切れてしまったりします。

動画ですが、近くのものを撮影する時は綺麗に撮影できるのですが、遠くのものを撮影すると粗くなります。
当然と言えば当然ですがもう少し頑張って欲しかったですね。

全体的にまとめれば大満足とまではいきませんが、スマホカメラと考えれば満足ですね。
この先はもっと性能が上がっていくでしょうから、将来が楽しみです。

Antutuベンチマークはどう?

P20 Pro
20万くらい出ます。
重いゲームもプレイできるレベルですね。

P20
20万くらい出ます。
Proと同じCPUなので同じくらいの数字が出ます。
少し重いゲームもプレイできます。

P20 lite
約9万くらいでます。
通常使用は問題ないレベルです。

ゲームは快適に動く?

P20 Pro
パズドラ、モンストなどは快適に動きます。
ポケモンGoも問題ないです。
ツムツムもサクサク動きます。
PUBGも動きますね。
荒野行動は当然動きます。

ゲームに関してはほぼ問題ないです。

P20
こちらもCPUがProと同じなのでゲームに関しては問題なく動きます。
最新ゲームもプレイできますね。

P20 lite
CPU性能が少し落ちますが、パズドラ、モンストなどは快適に動きます。
ポケモンGoも問題ないです。
ツムツムも動作しました。
グラフィック設定を低にすればPUBGもプレイできます。
荒野行動も問題ないです。

少しグラフィック設定を落とす必要がありますが通常ゲームでは問題ないです。

対応周波数表は?

P20 Pro
対応LTEバンド:FDD-LTE Band1/3/4/5/12/17/19/21/28,TD-LTE Band39/42
対応3Gバンド:UMTS(WCDMA) Band1/5/6/19

P20
対応LTEバンド:FDD-LTE Band1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/32,TD-LTE Band34/38/39/40/41
対応3Gバンド:UMTS(WCDMA) Band1/2/4/5/6/8/19

P20 lite
対応LTEバンド:FDD-LTE Band1/3/5/7/8/18/19/26/28,TD-LTE Band41
対応3Gバンド:UMTS(WCDMA) Band1/2/5/6/8/19

ドコモ系SIMで動く?

P20 Pro
ドコモ系の4Gは、1と3と19と21と28に対応しているので問題ないです。

P20
4Gは、1と3と19と28に対応しているので問題ないです。

P20 lite
4Gは、1と3と19と28に対応しているので問題ないです。

au系SIMで動く?

P20 Pro
au系の4Gは、1だけなのでちょっと不安ですね。
ドコモ専用端末なので仕方ないのでしょう。
au系のSIMで使うのは諦めましょう。

P20
4Gは、1と18だけなのでちょっと不安ですが使えないことはないです。

P20 lite
4Gは、これも1と18のみ対応です。一応使えます。

ソフトバンク系のSIMで動く?

P20 Pro
ソフトバンク系の4Gは、1と3だけなので不安ですね。
ドコモ端末なので仕方ないです。
ドコモ系のSIMで使いましょう。

P20
4Gは、1と3と8に対応しているので問題ないです。

P20 lite
4Gは、1と3と8に対応しているので問題ないです。

総評

P20 Proはカメラ性能、CPU性能などどれをとっても優秀な端末に仕上がってます。
この端末がドコモ専用端末なのがもったいないです。
SIMフリーで出してくれたらかなり売れると思うのですが。
来年か今年のMateシリーズに期待しましょう。

P20
SIMフリーだけあってすべてのキャリアSIMで使えます。
値段も抑えられていますし、良い端末だと思います。
これでおサイフケータイ付きだったら良かったのにと思いますね。

P20 lite
なんと言ってもコスパが一番高いです。
この性能でこの価格。
売れる理由がわかります。

PC用

Sponsored Link

PC用

Sponsored Link

-Android

Copyright© トレンドログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.