Appleネタは優先的に扱っていきます

トレンドログ

Google自動広告

Android

HUAWEI nova lite 2 SIMフリーレビュー!ポケモンGOできる?Antutuベンチは?ゲームは快適にできるか?スマホとしての性能は?

更新日:


HUAWEI nova lite 2 SIMフリーバージョンのご紹介です。

気になる方は以下のAmazonをご覧ください。

発売日は?

2018年2月9日

価格は?

価格は25980円(税抜)です。

基本スペック詳しく解説

【カラー】

ブルー
ブラック
ゴールド

【搭載されている初期OS】

AndroidTM 8.0 Oreo
最新版のOSが最初から入っているのは嬉しいですね。

【CPU】

HUAWEI Kirin 659 オクタコアCPU (4 × 2.36GHz + 4 × 1.7GHz)
Antutuベンチマークスコアは88496です。
もう格安スマホの性能じゃないです。
ミドルレンジ並の処理能力ですね。

【メモリ】

3GB
Androidの場合最低3GBは欲しいですね。
これはそれを満たしているので実用性はありますね。

【ストレージ】

32GB
格安スマホは16GBのものが多いですからこれは価格を考えると十分です。

【microSDスロット】

256GBまで対応
動画や音楽をたくさん入れる人は良いですね。

【バッテリー】

3000mAh
ということで少し多めな印象でしょうか。
ただ取り外しは不可です。

【測位方式】

GPS/AGPS/Glonass
地図アプリなどは問題なく使えます。

【コネクティビティ】

Wi-Fi 802.11 b/g/n 準拠( 2.4GHz)
Bluetooth® 4.2
USB 2.0 Micro-B
5GHzとacには未対応ですが値段を考えれば仕方がないところですね。
USBもtype-CじゃなくてmicroUSBになってます。

【ディスプレイ】

約5.65インチ 18:9TFT,2160*1080ピクセル
低価格モデルとしてはかなり頑張っているのではないでしょうか。
18:9ということでフルHDより少し解像度は上ですね。

【カメラ】

メインカメラ(ダブルレンズ): 1300万画素 + 200万画素,LEDフラッシュ,像面位相差 + コントラスト AF
インカメラ: 800万画素 ,FF
デュアルカメラなのが良いですね。
LEDフラッシュも付いています。
インカメラも800万画素とかなり自撮りを意識した性能になってます。

【通信方式】

FDD LTE:B1/3/5/7/8/19/20,
WCDMA:B1/2/5/6/8/19,
GSM:850/900/1800/1900MHz,
セカンダリーSIM:GSMの上記周波数(音声通話のみ)
SIM:Nano SIM*2
ドコモLTEの1と3と19に対応し3Gは1と6に対応ということでドコモでの使用は問題ないですね。
auは残念ながら非対応
ソフトバンクLTEは1と8に対応しています。

【通信速度】

下り( 受信時) : 最大150Mbps( LTE) 
上り( 送信時) : 最大50Mbps( LTE)

【センサー】

加速度、コンパス、環境光、近接、指紋認証
この値段で指紋認証が搭載されています。

【テザリング】

対応

【本体付属品】

ACアダプタ, USB ケーブル, 保護ケース, イヤホンマイク, クイックスタートガイド

Sponsored Link

スペックまとめ表

カラー

ブルー ブラック ゴールド

対応OS AndroidTM 8.0 Oreo/EMUI 8.0
CPU HUAWEI Kirin 659 オクタコアCPU (4 × 2.36GHz + 4 × 1.7GHz)
メモリ 3GB RAM / 32GB ROM / micro SDスロット( 最大256GB)
バッテリ 容量3000mAh (一体型)
測位方式 GPS/AGPS/Glonass
コネクティビティ Wi-Fi 802.11 b/g/n 準拠( 2.4GHz)
Bluetooth® 4.2
USB 2.0 Micro-B
ディスプレイ 約5.65インチ 18:9TFT,2160*1080ピクセル
カメラ メインカメラ(ダブルレンズ): 1300万画素 + 200万画素,LEDフラッシュ,像面位相差 + コントラスト AF
インカメラ: 800万画素 ,FF
通信方式 FDD LTE:B1/3/5/7/8/19/20,
WCDMA:B1/2/5/6/8/19,
GSM:850/900/1800/1900MHz,
セカンダリーSIM:GSMの上記周波数(音声通話のみ)
SIM:Nano SIM*2
通信速度 下り( 受信時) : 最大150Mbps( LTE) 
上り( 送信時) : 最大50Mbps( LTE)
センサー 加速度、コンパス、環境光、近接、指紋認証
テザリング 対応
本体付属品 ACアダプタ, USB ケーブル, 保護ケース, イヤホンマイク, クイックスタートガイド

ゲームはできる?

【ポケモンGOは快適にプレイできる?】

快適にプレイできます。
ただしレイドバトルは重くなります。
通常捕まえる程度であれば何も問題ありません。

【人気のツムツムも快適にプレイできる?】

動作も重くなることなく快適にプレイできました。

Antutuベンチ

約90000くらい出ます。
この値段にしては性能が高いと思いますね。
Android8.0で計測しています。

総評

この価格帯のSIMフリースマホとしては最高のスペックではないでしょうか。
デュアルカメラにインカメラも800万画素と非の打ち所がないです。
メモリも3GB積んでますし、ディスプレイも流行りの18:9になってます。
CPUの性能も文句なしですね。
指紋認証まで付いています。
auのSIMで使えないのがちょっと残念ですがほとんどの人はドコモSIMでしょうし問題ないでしょう。
非常にオススメな端末に仕上がってます。

PC用

Sponsored Link

PC用

Sponsored Link

-Android

Copyright© トレンドログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.