スマホ

【スペック】Moto G5 PlusとMoto G5ってどうなの?価格は?【ベンチマーク】

投稿日:


Moto G5 PlusとMoto G5が発売になりました。
それぞれMoto G5 Plusが35800円、Moto G5が22800円です。

特徴は、Moto G4 Plusの時から引き継いでいる、simカード二枚差し+microSDカードが使える事!
これが一番の利点であり、売りだと思います。

デメリットを上げるとすれば、Moto Modsが使えないところ。
あと未だにmicroUSB端子を採用しているところでしょうか。

それでは、Moto G5 Plusの方から細かく性能を見て行きましょう。

OSは、Android 7.0を搭載し、とりあえず最新版なので安心ですね。

ディスプレイサイズは、5.2インチです。
解像度は、1920×1080のフルHDを採用。

CPUは、Snapdragon 625の8コア。
Zenfone3でも採用されている評判の良いCPUですね。

RAMは、4GBです。
最近の機種としては標準的でしょうか。

ストレージは、32GBでこれも標準的ですね。
Moto G5 Plusでは、microSDが最大128GBに対応しているので容量でそんなに困る事はないと思います。

カメラは、
背面カメラ 1200万画素
前面カメラ 500万画素

バッテリーは、3000mAhで多い方ではないでしょうか。

SIM カードは、デュアルナノSIM。

接続は、
MicroUSBと3.5 mmヘッドセット差込口。

Bluetooth バージョン 4.2。

Wi-Fi
802.11 a/b/g/n (2.4 GHz + 5 GHz)
acには、非対応なところがちょっと残念です。

位置情報サービス。
GPS、A-GPS、GLONASS。

NFC対応。

センサー
指紋認証センサー、加速度計、ジャイロスコープ、アンビエントライト、近接検知。

基本色
ルナグレーまたはファインゴールド。

次は大事な対応周波数です。
LTE(FDD-LTE)
1(2100MHz)
3(1800MHz)
5(850MHz)
7(2600MHz)
8(900MHz)
19(800MHz)
20(800MHz)
28(700MHz)

LTE(TDD-LTE)
38
40
41

3G(W-CDMA)
1(2100MHz)
2(1900MHz)
5(850MHz)
6(800MHz)
8(900MHz)
19(800MHz)

GSM
850MHz
900MHz
1800MHz
1900MHz

に、対応しています。
順番に見て行きましょう。

Sponsored Link

まずdocomoから
LTEは、1、3、19に対応していて28にも対応しています。
w-CDMAは、1、6、19に対応していますね。
プラチナエリアの19に対応しているので不自由することはないと思います。
なのでdocomo系のMVNOで使用するのは大丈夫です。

次はau。
LTEは、1、28だけですね。
CDMA2000には、非対応です。
なのでau系のMVNOで使用するのは厳しいのではないでしょうか。

最後にsoftbank。
LTEは、1、8に対応しています。
W-CDMAは、1、8に対応していますね。
プラチナバンドにも対応しているのでsoftbank系のMVNOでも問題なく使えると思います。

もちろんDSDSにも対応していて3G+4Gのデュアルスタンバイができます。

総評として、DSDSに対応していて3G+4Gのデュアルスタンバイができて、なおかつmicroSDカードのスロットが別にある機種は今現在この機種しかありません。
これでmoto modsも使えれば最高なのですが。。
そこは、Zに譲るということなのでしょうかね。

最後に仕様表とベンチマークを載せておきます。

まず仕様表。

次にベンチマークMoto G5 Plusは、

Moto G5は、

PC用

Sponsored Link

PC用

Sponsored Link

-スマホ

Copyright© トレンドログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.