Appleネタは優先的に扱っていきます

トレンドログ

Google自動広告

Android

【スペック】ZenFone3 Max バッテリーが最大20時間駆動!

投稿日:


ASUSが、1月14日にZenFone3 Maxを発売しました。
最大の特徴はバッテリー容量で4100mAh搭載で約20時間駆動が可能と言う事。
価格が19800円に抑えられているところもいいですね。

それではスペック行ってみましょう。

OSは、Android6.0搭載。
最近の機種なのに7.0じゃないのは、若干残念ですね。
でもすぐアップデートされるのではないでしょうか。

CPUは、MediaTek MT6737M (クアッドコアCPU1.25GHz)となってます。
snapdragonではないのが残念ですが、価格を安く抑える為仕方ないのでしょう。

メモリは、2GBでストレージは16GBです。
ストレージが若干少ない気もしますが、microSDに対応しています。
SIMカードと排他利用となりますが、microSDHCに対応しています。
他のサイトでは、microSDXC対応となっておりますが、公式にはmicroSDHC対応です。

ディスプレイは、5.2型ワイド TFTカラータッチスクリーン IPS液晶 (LEDバックライト)です。
解像度は、1,280×720ドット (HD画質)となっておりハイビジョン画質ですね。
5点マルチタッチ・スクリーン (静電容量方式)です。
十分な性能ではないでしょうか。

Sponsored Link

アウトカメラは、1,300万画素Webカメラ内蔵LEDフラッシュ搭載です。
インカメラは、500万画素でカメラは標準的ですね。

センサーは、GPS、加速度センサ、電子コンパス、光センサ、近接センサ、指紋センサを搭載しております。
ポケモンGO用の端末としてセンサーも対応していますし、バッテリー容量も大きいですし、オススメです。

FDD-LTEは、B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28に対応。
W-CDMAは、B1/B2/B5/B6/B8に対応。
ドコモのMVNOで使う分には申し分ないと思います。

バッテリーは先にも書きましたが、4100mAh搭載。
公式には、約20時間の使用に耐えられるそうです。
2~3日もちそうですね。

最後にスペック表です。

総評としては、ライトユーザー向けという印象です。
CPUもsnapdragonではないのでどこまでゲームが動くかも未知数です。
格安SIMで、トータルコストを安くしたい人向けの端末のように感じました。

PC用

Sponsored Link

PC用

Sponsored Link

-Android

Copyright© トレンドログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.