スマホ

【スペック】HUAWEI MediaPad T2 8 Proを追加!音声通話対応モデルとWi-Fiモデルあり!

投稿日:

mediapad-t2-8-pro
HUAWEIが好評のAndroidタブレット7インチモデル「MediaPad T2 7 Pro」に続き「MediaPad T2 8 Pro」の8インチモデルを追加しました。
値段は「LTEモデル」が2万2800円(税別)、「Wi-Fiモデル」が1万7800円(税別)です。
発売日は12月9日になります。
LTEモデルは通話もできるということで、色々な使い方ができるのではないでしょうか。

今回の8型モデルは、ディスプレイとしてUXGA(1200×1920ピクセル)解像度の8型IPS液晶を搭載している。
フルHDより解像度は上ですね。
それに加えIPS液晶と言う事で視野角も広くなってます。
また、ブルーライトをカットする「EyeCareモード」と炎天下において輝度とコントラストを自動調整する「Sun View」機能も搭載しているという。

プロセッサにはQualcommの「Snapdragon 615」(CPU部は1.5GHz 4コア+1.2GHz 4コア)を搭載。
CPUとしてはやはりミドルレンジの性能の様です。
インターネットしたり動画見たり、電子書籍リーダーとして使う分には問題ないと思います。

メインメモリは2GB。
これもミドルレンジとしては普通でしょうか。

内蔵ストレージは16GBを備える。
外部ストレージは最大128GBのmicroSDXCに対応する。
外部ストレージが最大128GBということで動画を保存したり、電子書籍の保存先として使ったりできそうですね。

カメラは、背面が800万画素、前面が200万画素のCMOSセンサーを搭載している。
このタブレットで本格的に写真を撮ろうとする人はほとんどいないでしょうから十分だと思います。

バッテリー容量は4800mAhなのでスマホよりは全然使用時間は長いです。
約10時間の動画再生、約32時間の通話時間、約400時間の待機時間を可能としている。
バッテリー交換は自分ではできない仕様のようです。

Sponsored Link

無線LANはIEEE 802.11ac/a/b/g/n(2.4GHz帯・5GHz帯)に対応している。
5GHz対応は嬉しいですね。
acにも対応していますし、高速通信が可能です。

LTEモデルについては、

FDD-LTE:Band 1/3/5/7/8/19/20/26/28
TDD-LTE:Band 38/40/41
W-CDMA:Band 1/2/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz帯

docomoバンドで確認してみるとLTEが1、3、19に対応しています。
3Gは1、6に対応しているのでdocomo系のMVNOでの使用は問題ないようです。

「MediaPad T2 7 Pro」の時は、AndroidOSが5.1でしたが、「MediaPad T2 8 Pro」は、OS6.0を搭載しています。
これは嬉しい仕様ですね。

「MediaPad T2 7 Pro」の時は本体色は3色あったのに、今回はホワイトのみということが少し残念ですがあとで追加されたりするかもしれませんね。

最後にスペック表です。
mediapad-t2-8-pro-spec

PC用

Sponsored Link

PC用

Sponsored Link

-スマホ

Copyright© トレンドログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.