スマホ

【スペック】FREETEL KIWAMI 極 2 が、12月22日発売!値段はフラグシップモデルなのに49800円!DSDS対応!

投稿日:

%e6%a5%b52%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97
FREETELから2016年12月22日にSAMURAI KIWAMI 極 2が発売になります。
値段は49800円(税別)です。

最大2.3GHzの10コアCPU、4GB RAM、64GB ROMを搭載したFREETELのフラグシップモデルになります。
DSDSにも対応し4G+3Gの同時待ち受けが可能です。
残念ながらmicroSDスロットは廃止となりましたが、ストレージが64GBあればとりあえずは大丈夫でしょう。

CPUは、高負荷、中負荷、低負荷、処理用に3つのコアクラスタを用意した。
端末の負荷に応じてCPUのコア数が変動する最新のCPUです。
これにより電力効率が約30%、処理能力は約15%向上しています。

デザインは、SAMURAI REIを一回り大きくしたような感じで非常に美しいです。
デザインのみで購入してしまう人もいるのではないでしょうか。
色は最初はメタルシルバーのみ。
これはあとからカラーが追加されるフラグなのでしょうか。

ディスプレイは、5.7インチWQHDのスーパー有機ELディスプレイを採用。
非常に高精細、高彩度の表示が可能となってます。

Sponsored Link

バッテリーは、3400mAhを搭載。
急速充電にも対応している為、万が一電池が切れてもすぐに使うことが出来ます。

リアカメラは、1600万画素。
フロントカメラは、800万画素を搭載ということで、自撮りをする人も満足できる仕様になってます。

前面にあるFREETELボタンが指紋認証解除、一つ戻る、ホーム画面に戻る、アプリ履歴が表示される、Now on Tapが起動と5つの機能を一つのボタンにまとめています。
これはSAMURAI REIについていたボタンと同じです。
非常に使い勝手のいいボタンに仕上がっております。

ガラスには、Gorilla Glass 3を採用。
傷に対する耐性が従来の3倍にアップ。
万が一傷が付いたあとの強度も50%向上させています。
傷が付いても目立ちにくい、傷がついても強度は高い、耐久性にすぐれたディスプレイを採用しています。

ジャイロセンサーとコンパスが搭載されているのでポケモンGOのプレイには問題なさそうです。

サウンドは、Dirac HD Soundを搭載。
非常に高品質なことで有名なので期待しましょう。

充電に関しては、USB Type-Cポートを搭載。
5V/3Aの充電に対応しているので急速充電が可能です。

docomoのMVNOで使えるか見てみましょう。
4G:B1 B3 B19 に対応。
3G:B1 B6 に対応。
と、言う事でdocomoのMVNOであれば電波の心配はしなくてよさそうです。

最後にスペック表。

カラー メタルシルバー
サイズ
高さ:157.2mm
幅:77.5mm
厚さ:7.2mm
重量 約168g
OS Android 6.0 Marshmallow(Android7.0 Nougatにアップデート予定)
ディスプレイ(サイズ/解像度) 5.7inch WQHD 1440×2560 Super AMOLED / Gorilla® Glass 3
CPU MT6797(Helio X20) 10Cores 64bit
メモリ
内部RAM:4GB
内部ROM:64GB
外部メディア規格:なし
外部メディア最大容量:-
カメラ
メイン:1,600万画素
サブ:800万画素
バッテリー
容量:3,400mAh
取り外し:不可
連続通話時間 約1260分※1
連続待受時間 更新予定
SIM※FOMA契約のSIMは利用できません
スロット数:2
タイプ:nano / nano
SIMロックフリー
ネットワーク2G(GSM) 850/900/1800/1900MHz
ネットワーク3G(WCDMA) 2100MHz(Band1) / 850MHz(Band5) / 800MHz(Band6/19) / 900MHz(Band8)
ネットワーク4G(FDD LTE) 2100MHz(Band1/4) / 1900MHz(Band2) / 1800MHz(Band3) / 1700MHz(Band4) / 850MHz(Band5) / 2600MHz(Band7) / 900MHz(Band8) / 700MHz(Band12/17/28B) / 800MHz(Band19)
通信速度※端末の規格速度 LTE:DL:300Mbps / UP:50Mbps
3G:DL:42Mbps / UP:11Mbps
Wi-Fi (IEEE802.11 a/ac/b/g/n) 2.4GHz&5GHz
Bluetooth
Version:4.1 HS対応
Power class:class 1
Profile:HSP / A2DP / AVRCP / HFP / HID / HDP / MAP / PAN / OPP / PBAP
NFC ×
テザリング Wi-Fi
Bluetooth
USB
センサー GPS搭載
(A-GPS対応)
加速度センサー
近接センサー
その他機能 GLONASS / Beidou / 光センサー / 重力センサー / 気圧センサー / ジャイロセンサー / 磁気センサー / e-compass / 指紋認証
GooglePlay対応
同梱物 製品本体 / ACアダプター / USBケーブル / SIMピン / 保証書 / クイックスタートアップガイド / 取扱説明書

最後になってしまいましたが、発売時はAndroid 6.0 Marshmallowですが、2017年の早い時期にAndroid7.0 Nougatにアップデート予定だそうです。
Android7.0が約束されているのは嬉しいですね。
SAMURAI REIは、デザインの良さが注目されていましたからSAMURAI極2でもそれを引き継ぎ、売れる端末になるのではないでしょうか。
値段もフラグシップとしては、安い方だと思いますし。
発売が待ち遠しいですね。

PC用

Sponsored Link

PC用

Sponsored Link

-スマホ

Copyright© トレンドログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.