Appleネタは優先的に扱っていきます

トレンドログ

Google自動広告

AMP HTML

AMP HTML


Android

OPPO R17 Pro スペック性能評価レビュー!ベンチマークは?おサイフケータイ対応?評判は?発売日は?価格は?ポケモンGoをプレイ!PUBGをプレイ!デレステをプレイ!

投稿日:


OPPOがR17 Proを日本で発売します。
OPPOは矢継ぎ早に日本でスマホを発売しますね。
HUAWEIもかなり発売していると思いますが競争しているのでしょうかと思ってしまうくらいです。
今回のR17 Proはミドルレンジのちょっと上ミドルハイに位置するスマホです。
目玉機能はやはりディスプレイ内蔵型指紋認証ですかね。
メモリやストレージはフラグシップ並の物を搭載しています。
ディスプレイも有機ELです。
意外とフラグシップ並なのかも。

発売日

2018年12月中旬

価格

6万9880円(税別)

スペック詳細解説

スペックを一つ一つ詳しく見て行きましょう。

名称

R17 Pro

プラットフォーム

Color OS5.2 (Based on Android™ 8.1)

普通のAndroidと思って大丈夫です。

CPU

Qualcomm Snapdragon 710
オクタコア 2.2GHz

Antutuベンチマークで約17万です。

ディスプレイ

約6.4インチ AMOLED 2,340×1,080ドット FHD+

有機ELです。
サイズも大きいですし解像度はフルHDより少し上といったところでしょうか。

メモリ

6GB

フラグシップ並ですね。

ストレージ

128GB

こちらもフラグシップ並ですね。

カメラ

メインカメラ:1,200万画素 + 2,000万画素
インカメラ:2,500万画素

背面のカメラのみデュアルカメラになってます。
インカメラも2500万画素と性能は高いです。

バッテリー容量

1,850mAh× 2(約3,700mAh相当量)

サイズ

高さ約157.6mm×幅約74.6mm×厚さ約7.9mm

質量

約183g

対応バンド

GSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
FDD-LTE: Bands 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28/32
TD-LTE: Bands 34/38/39/40/41

広く対応しています。
下記で詳しく解説します。

Bluetooth

5.0

最新の5.0対応は嬉しいですね。

Wi-Fi

2.4/5GHz 802.11 a/b/g/n/ac

acの5GHzに対応しているのは嬉しいですね。

おサイフケータイ

非対応

ここは対応して欲しかったですね。

NFC

非対応

生体認証

ディスプレイ内蔵型指紋認証

この端末の目玉機能ではないでしょうか。
この機能に対応したスマホはまだほとんどないです。

SIMサイズ

nano×2

カラーバリエーション

ミストグラデーション、エメラルドグリーン

外部接続端子

USB Type-C

Type-C対応は嬉しいですね。

付属品

スマホケース/保護フィルム(貼付済み)/ACアダプタ/イヤフォン/USBデータケーブル

保護フィルム貼り付け済みは嬉しいですね。
スマホケースも付いてきます。

Sponsored Link

スペック一覧まとめ表

名称 R17 Pro
プラットフォーム Color OS5.2 (Based on Android™ 8.1)
プロセッサー/動作周波数 Qualcomm Snapdragon 710/オクタコア 2.2GHz
液晶ディスプレイ/解像度 約6.4インチ AMOLED 2,340×1,080ドット FHD+
メインメモリ 6GB
記録装置 128GB
Webカメラ メインカメラ:1,200万画素 + 2,000万画素
インカメラ:2,500万画素
バッテリー容量 1,850mAh× 2(約3,700mAh相当量)
サイズ 高さ約157.6mm×幅約74.6mm×厚さ約7.9mm
質量 約183g
対応バンド GSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
FDD-LTE: Bands 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28/32
TD-LTE: Bands 34/38/39/40/41
Bluetooth 5.0
Wi-Fi 2.4/5GHz 802.11 a/b/g/n/ac
おサイフケータイ 非対応
NFC 非対応
生体認証 ディスプレイ内蔵型指紋認証
SIMサイズ nano×2
カラー ミストグラデーション、エメラルドグリーン
外部接続端子 USB Type-C
付属品 スマホケース/保護フィルム(貼付済み)/ACアダプタ/イヤフォン/USBデータケーブル

ゲームは快適にプレイできる?

パズドラは快適にプレイできます。
モンストは快適にプレイできます。

PUBGはグラフィック設定をいじれば快適にプレイできます。
荒野行動は快適にプレイできます。

ツムツムは快適にプレイできます。
ポケモンGoは快適にプレイできます。

デレステは快適にプレイできます。
リズムゲームはちょっと厳しいです。

まとめとして全般的にゲームは快適にプレイできます。

ドコモ系のSIMで使用できる?

4Gは1と3と19に対応しているので快適に使用できます。
3Gは1と6に対応しているので快適に使用できます。

まとめとしてドコモ系のSIMであれば快適に使用できます。

au系のSIMで使用できる?

4Gは1と18に対応しています。
3Gは未対応です。

まとめとしてau系のSIMでの使用はオススメできません
使えなくはないですが。

ソフトバンク系のSIMで使用できる?

4Gは1と3と8に対応しているので快適に使用できます。
3Gは1と8に対応しているので快適に使用できます。

まとめとしてソフトバンク系のSIMであれば快適に使用できます。

総評

全体的な印象としてはCPUをもう一段階上の物にすればフラグシップと言ってもいいくらいのスペックにまとまっています。
メモリは6GBありますしストレージも128GBありますしディスプレイも有機ELを使用しています。
値段を抑える為でしょうか、もったいない端末な気がします。
Proと名の付く端末なのにCPUを遠慮している感じですね。
それでもAntutuベンチマークで17万という優秀なスコアを出すCPUなので通常使用であれば全く問題ないと思います。
コスパを考えればこのくらいでいいのかもしれません。

PC用

Sponsored Link

PC用

Sponsored Link

-Android

Copyright© トレンドログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.